2019年12月31日~サンリオピューロランド

サンリオピューロランド

今日は新しく買ったデジカメをミラギフで試すためにピューロに行った。
開園30分前に到着。
大晦日だが、結構人が多い。

開園時間を迎え中に入ると、ミラギフを最前列で観るべく、ビレッジには降りずにそのまま大階段の待機列へ。
やはり一番慣れているところで試すのが良いと思ったので。
私の前には二人しか並んでいないので、最前列で観られそうだ。

2時間30分待ったところで、案内が始まった。
大階段中央の最前列の右端に座った。
ミラクルハートライトを売りに来たかぶきにゃんたろうを撮った。
私の勘違いかもしれないが、一周しかしなかった気がする。

パレードが始まった。
連写モードにするか、単写(一回のシャッターで一枚撮れる)でいくか迷い、パレードの途中で設定を何回か変えた。
連写にした方が決定的瞬間を捉えやすいかもしれないと考えたのだが、連写で撮るとブレることが多く、写真を保存して次の撮影が可能になるまでの時間も少し長くなるように感じられたので、途中からずっと単写でシャッターボタンを連打することで連写のようにして撮っていた。
このカメラの特徴を知るために、パレードの間ずっと撮りまくり、撮った写真の枚数は600枚を超えた。
家に帰り、パソコンに取り込んで一枚一枚見ていく。
その中で使えると思った写真は約70枚。
ブレなどは無いが、構図などの問題で使えないと思った写真が約300枚
残り約200枚がブレなどで完全に使えない写真という結果だった。
ダンサーさんの動きが激しい時はやはりブレるが、それでも複数枚撮れば、その中で一枚は使える写真が撮れる印象だ。
液晶も綺麗なので、良い写真が撮れたのが確認できるのが楽しくて、途中から夢中でシャッターボタンを押しまくった。
ちなみにこのブログの写真は全て480×360ピクセルまたは480×640ピクセルの大きさにリサイズしている。

このデジカメは設定が色々できるようにはなっているが、私は面倒くさがりなのでAUTOモードでしか使っていない。
それでも良い写真が撮れるのは非常にありがたい。
カメラに詳しい人にとっては良い写真とは言えないのかもしれないけど、私だったらこれで十分だ。
前にも話したように、このブログは今のところダンサーさんの顔を隠す方針でやっているが、今までのデジカメやスマホに比べて断然良い写真が撮れるようになり、ダンサーさんの表情が一層魅力的になったので、顔を隠さず掲載することを前よりも真剣に検討し始めている。

気になったこととしては、今日みたいに大量に写真を撮った時に、その場でWi-Fiでスマホに全部送ろうとすると、当然だが時間がかかる。
実際600枚以上の写真を転送するのに約30分かかった。
転送している間はスマホもデジカメも使えないので、大量の写真の転送はスマホ用のSDカードリーダーか何かで行った方がいいかもしれない。

#ピューロアンバサダー

コメント