『ウサハナのカラフルファンタジー』

今日の日記

私が週に1回は必ず観ているサンリオのDVDがある。
それは、サンリオピューロランドで2004年頃に上演されていたショー『ウサハナのカラフルファンタジー』のDVDである。
今日はこれを紹介したい。

ショーの前に「ハナちゃんのヒミツの巻」が収録されており、ウサハナ(以下ハナちゃん)の生い立ちとカラフルな体の秘密を知ることができる。
観ておくとハナちゃんについて最低限の知識を得られる。

ショー本編を再生すると、壮大な音楽とともに知恵の木ステージから6人の女性のダンサーさんが登場する。
青色・黄色・桃色・紫色・緑色・赤色…。
それぞれ単色を基調とした衣装だが、知恵の木ステージの大きさにしては人数多めのダンサーさんが所狭しと踊りまわるので、視界が一気にカラフルになる。
少し遅れてハナちゃんが登場。
ダンサーさんの動きに負けないくらい、ハナちゃんも元気に踊っている。

ショーの最初から最後まで、見慣れたピューロビレッジの景色がチラチラ映り、懐かしい気分になる。
音楽も子ども向けに特化せず、当時のJ-POPに近い感じが懐かしさに拍車をかけている。
音楽に懐かしさを感じるのは分かるとして、ピューロビレッジは今も昔もほとんど変わらないのに”懐かしい気分になる”とはどういうことだろうか。
懐かしいという言葉に語弊があるかもしれない。
この感情を例えると、伯方の塩のCMを観た時の感情に近い。

時間と言うゆりかごの中で伯方の塩と完熟の梅が紡ぎ出す、時の物語…

オープニングの曲が終わると、さっきは歌っていたハナちゃんがいよいよしゃべり出す。

「誰にだって夢があるわよね。小さな夢や果てしなく大きな夢…」

この声がたまらなくクセになるのだ。
とにかくこの声が聞きたいというのも、このDVDを繰り返し再生する理由の一つである。
ハナちゃんと一緒に何度カラフルワールドを旅したか分からない。

オープニングからエンディングまで全てそうだが、完全に子ども向けにはしていないのがこのショーの音楽の特徴だと思う。
アニメっぽくもなくコミカルな感じでもなく、正統派な音楽を集めた感じ。
かといって難解ではない。
私は「私たちが暮らしている美しい星 この地球がカラフルワールド…」から始まるエンディングの曲が一番好きだ。
メッセージ性とその中身もさることながら、ベースラインがかっこいい。

専門家ではないのでおこがましいが、ショー全体がよく練られて作られている感じがある。
前述の音楽を始めとして、ダンサーさんの人数、衣装の数全てにわたって豪華なショーだ。

そんな『ウサハナのカラフルファンタジー』のDVDを是非とも一度観て、ハナちゃんからのメッセージを受け取ってみてほしい。

コメント