2020年12月20日~サンリオピューロランド

サンリオピューロランド

仕事帰りに30周年のパレードを観に行った。
職場の最寄駅からは多摩センターの駅までは乗り換えが一回なので行きやすい。
ちなみに、今日はディスカバリーシアター前のS席で観た。
開演前に出てきたのはタキシードサムとばつ丸。

パレード中に、ミラクルギフトパレードの応援グッズであるミラクルいちごライトが光るか、テストをしてみた。
予想通り、ミラクルハートライトと同様にパレードに連動して光るのをばっちり確認した。
いちごライトを持っている人は、せっかくの機会なので是非とも持っていってみよう。

誰に禁止されているわけでもないが、そろそろダンサーさんの写真を少しずつ解禁しようと思う。
前回の記事で話した、私が「興奮」した衣装の写真を載せる。
下の二枚の写真は、過去のパレード『Believe』に登場する『妖精フローレンス』のマイケルとフローレンスの衣装を着たダンサーさん。
満を持して載せる写真にしては、良い写真でなくて申し訳ない。
この場面は照明が暗く、ダンサーさんの動きも大きいので、デジカメでは写真が撮りづらい。

『妖精フローレンス』の原作を読んだことが無いのはおいといて、『Believe』のDVDにも出てくるこれらの衣装がたまらなく好きである。
30周年のパレードには過去のパレードの名曲が使われると聞いていたが、まさか『妖精フローレンス』の衣装を生で観られるとは思っておらず、予想の斜め上を来た。
本当に、このパレードを初めて観た12月8日には、『Believe』のあの優雅な音楽とともに踊りながらマイケルとフローレンスが現れた時に、指さして「あーっ!!」と叫びたくなるくらいに興奮した(笑)
そして、「あの衣装が動いているよ…」という感動も同時に胸に迫ってきて、全身が熱くなった。

同じ場面で『森のメルヘン』の小鹿のミエルも出てくる。
同様に原作は読んだことが無いが、この衣装もかなり好きである。

他にもイルミナントのダンスを踊っているマイメロがかわいすぎて悶絶しそうだった話とか、横歩きするシナモンがかわいすぎて悶絶しそうだった話とか、思い出すだけで悶絶しそうな話が山ほどあるが、あえて小出しでいく。
あと、このパレードは最前列で観るのもいいが、後ろで観るのも臨場感や一体感があってすごくいいと思う。
一体感に関しては、私が勝手に感じているだけで周りの方々はそうでもないかもしれないけど…
まあ、今年中にあと4回観る予定があるし、1月にも5回観る予定でチケットを購入したので、悶絶する話やら泣ける話やら、おいおい紹介していく。

シメにメルちゃんの写真をどうぞ。

読んで下さりありがとうございます。

#ピューロアンバサダー

コメント