2017年11月12日

今日は下北沢に演劇を観に行った。
去年の冬の短期アルバイトで知り合った人に演劇関係の人がいて、その縁で観に行った。
正直演劇というと中学時代の合唱コンクールで演劇部がやっていたものしか観たことが無い。
それも、何を言っているか聞き取れなくて、しかも内輪ネタばかりでひどいものだった。
どうせ大勢の前で時間をとってやるなら本気でやってくれよとその時は思ったが、当時の私の吹奏楽部での楽器の演奏も下手くそだったので、人のことを言える立場では無かったと今では思う。
今回観に行ったのは、演劇ユニット「銀河工房」の旗揚げ公演『まじない銀杏の木の下で』という題目である。
詳しい感想は控えておくが、チケット代の3500円と公演時間の一時間半を無駄にしたとは思わなかった。
次回の公演も観に行こうと思う。

コメント