『Wish me mell の Chance for you』

この記事では、私がサンリオピューロランドに行くと必ずと言っていいほど観るショー『Wish me mell の Chance for you』(以下チャンスフォーユー)について書く。
人生の節目に来て、チャンスフォーユーというショーに出会えた感謝の気持ちを言葉にしつつ、今までの流れをまとめようかと。
でも、客観的に詳しくまとめているわけではなく、あくまでも私の個人的なまとめなのでそこのところはご了承を。

チャンスフォーユーはピューロの中で一番好きなショーだが、最初からそうではなかった。
初演(2021年9月21日)の日は、マイマイのモチーフとなった歌手である倉木麻衣さんが来るということで、本当に全員観られるのか分からないくらい列が伸び、ものすごい盛況ぶりだったらしい。
でも、私は「ふーん」という感じで、観には行かなかった。
翌日にはメルちゃんのバースデーライブに参加しており、決してメルちゃんに興味が無かったわけではない。
その当時の私はグリがメインで、ショーをあまり観ていなかったからだと思われる。

私がチャンスフォーユーを初めて観たのは、初演から約2ヶ月経った2019年12月1日。
ミラギフを観るようになり、ショーにも少しずつ目が向き始めた頃である。
ただ、ピューロで手持ち無沙汰になり、どうしてもすることが無くなったら観るくらいの位置づけだった。

当時はピューロビレッジの知恵の木ステージ前で上演されており、みんな地べたに座って観賞していた。

<2019年12月1日撮影>

<2019年12月17日撮影>

<2020年2月8日撮影>

その後、コロナによる休館期間と営業再開を経て、チャンスフォーユーが再び上演されるまで約9ヶ月の間が空いた。
2020年11月3日に上演が再開され、私が観に行ったのはその3日後の2020年11月6日。
この日を境に、私のチャンスフォーユーに対する印象がガラッと変わることになる。
コロナ対策の都合上、上演場所はピューロビレッジからフェアリーランドシアターへ移った。

<2020年11月6日撮影>

上演中の写真撮影は禁止され、その代わりショーの最後に撮影タイムが設けられた。
ピューロビレッジで上演されていた時はカメラのシャッター音が絶えず聞こえていて、私もショー中ずっとデジカメを持って撮影したりしていたが、このルールにより必然的に上演中はショーに集中することになった。
ショーに使われている曲を意識して聴くと、全部自分の好きな曲であることに気が付いた。
チャンスフォーユーに使われているのは冒頭の曲(曲名不明)と『きもち きっと つながるよ』と『こころつながるダンス』とメルちゃんとマイマイが歌う『Chance for you』の4曲。
どの曲もフェアリーランドシアターで聴くと音の振動が耳に心地良いのである。
特に『Chance for you』のベースラインはクセになる。

<2020年11月6日撮影>

曲の次はダンサーさんに目がいくようになった。
チャンスフォーユーにはメルシーヒルズの留学生役として、三人のダンサーさんがかわいい衣装を着て登場する。
当時はダンサーさんというと、はっしー(橋本秀作さん)くらいしか顔と名前を覚えていなかった。
なぜ、はっしーだけ覚えていたのかは謎。
初めははっしーと入江健志さんしか判別することができなかったが、そのうちに女性のダンサーさんにもよく見る方がいるなと気が付いた。
そのお方は、中田有紀さんである。
たまたま中田有紀さんがチャンスフォーユーに出演する日にインすることが多く、よく目にしていたからである。
また、Twitterのフォロワーさんに中田有紀さんを推している方がいらっしゃって、よく中田有紀さんについてツイートしていたのも理由の一つである。

ダンサーさんにも目が向き始めると、ダンサーさんたちが着ている衣装もよく観察するようになった。
チャンスフォーユーの衣装は全てかわいいが、最初の頃はハムスターの衣装がお気に入りで、そのうちにネズミの衣装も好きになった。
下の写真はネズミの衣装を着ている、前述の中田有紀さんである。

<2021年1月26日撮影>

ハムスターの衣装。

<2020年11月17日撮影>

カンガルーの衣装。

<2020年11月10日撮影>

キツネの衣装。

<2020年12月12日撮影>

ペガサスの衣装。

<2020年11月10日撮影>

ユニコーンの衣装。

<2020年12月12日撮影>

ここに載せた6種類の衣装の他に、2021年6月から新しく登場したヒョウとヒツジの衣装がある。
とてもかわいい衣装なので、気になる方は是非現地に観に行ってほしい。

写真の時系列がバラバラになってしまって申し訳ないが、2020年12月22日に運命的な出来事があった。
りっちゃん(小出里英子さん)が出演していた回である。
もともとりっちゃんは笑顔が素敵な人気のダンサーさんだと知ってはいたが、顔と名前が一致するほどの自信は無かった。
この日、りっちゃんのある表情で私の人生が大きく変わった。
アリーナ席の2列目から撮った写真。

<2020年12月22日撮影>

写真を撮るのに夢中になっていってその時は気が付かなかったが、後からこの写真を見て衝撃を受けた。
りっちゃんと聞いて私がイメージする顔ではなかったが、こんな表情もするのかと。
息を飲むほどの美人だ。
これまで生きてきた中で見たことが無いレベルの美人である。
それからというもの、りっちゃんをチャンスフォーユーで見たら目で追うようになった。
でも、りっちゃんを見るとドキドキしてしまって凝視することはできない。
それまでも笑顔が素敵なダンサーさんに癒されたり、元気を貰ったりすることはたくさんあったが、りっちゃんに関しては明らかに特別だった。
こんな感情を覚えたのは、約20年ぶりである。
私は長らく自分以外の人間にほとんど興味が無かったが、それがいっぺんにひっくり返った感じ。
りっちゃんとの出会いによって人生に彩りが生まれた。

<2021年5月18日撮影>

<2021年3月29日撮影>

パレードもりっちゃんが出演する日のチケットを取るようになった。
今ではすっかりりっちゃんのファンである。
笑顔のりっちゃんも好きだし、笑顔でないりっちゃんも好きだ。
でも、エスカレートするようになったらピューロを離れようと思う。
推しのことを思うあまり、周りが見えなくなる人間にはなりたくない。
あと、念を押しておきたいことがある。
私はりっちゃんのファンであるが、それ以前にチャンスフォーユーというショーのファンである。
だから、どのダンサーさんが出演しても癒されるし、楽しみを見つけられる。
ただ、りっちゃんが出る回は特別な回なのは間違いないけど。

チャンスフォーユーについて書いていたら、いつの間にかほとんどりっちゃんのことになって申し訳ない。

曲も衣装もメルちゃんもダンサーさんもフェアリーランドシアターという空間も含めて、チャンスフォーユーというショーが全て好きだ。
今こそ、チャンスフォーユーに関わる全ての人にありがとうと言いたい。
もちろん裏方のスタッフさんやシアターの入口で案内をしているスタッフさんにも。
これからもショーが続く限り、観続けると思う。

#ピューロアンバサダー

コメント