2020年10月3日~ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ちょっとした遠出

今日から一泊二日で大阪旅行に出かける。
一日目はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)でキティちゃんに会い、二日目は淡路島の西海岸にある「HELLO KITTY SHOWBOX」と「HELLO KITTY SMILE」という二か所のレストランに行く。
キティちゃんに会うことをテーマにした旅である。
あ、二日目は大阪ではなく兵庫だから、関西旅行と言った方がいいかな。

この旅行を実行する後押しとなったのは、政府が行っている「Go To トラベル キャンペーン」である。
旅行代金の最大50%を国が補助してくれる。
補助のうち、7割が旅行代金の割引、3割が地域共通クーポンという、旅行先とその隣接する都道府県内で使えるクーポンの形で支給される。
いろいろと条件があるので、細かい内容は他のサイトを参照されたし。
私の場合は、26,900円の旅行を大手旅行代理店の公式HPから申し込み、実際に支払ったのは17,490円。
さらに、4,000円分(1,000円×4枚)の地域共通クーポンが、新幹線のきっぷなど各種書類とともに旅行代理店から送られてきた。
「Go To トラベル キャンペーン」のおかげで、26,900円の旅行が実質13,490円になった。
コロナが流行る前の旅行代金から値上げして、キャンペーンを適用しても実質的に負担が変わらない旅行代理店などもあると聞いていたが、私の選んだ旅行代理店は良心的なようだ。
平常時であれば、13,490円では首都圏から往復新幹線で一泊二日の大阪旅行などできない。
しかも、グレードが高いホテルを選んでこの値段である。
私は普段の旅行では1泊4,000円を切るようなホテルに泊まっているが、今回はなんと一泊6,000円。
“グレードが高い”と言っておきながら、たったの一泊6,000円かよと思われるかもしれないが、ホテルで一泊4,000円から6,000円の差は大きい。
私の勝手なイメージだが、一泊4,000円のホテルはかなり切り詰めている感じを受けるのに対し、一泊6,000円はプラスアルファで何かしらいいところがある。
アメニティなどの設備は基本的に変わらないが、部屋の延床面積が大きくなったり、ベッドの質などが高くなったりすることが期待される。
ホテルについて少し語ってしまったが、そういうわけで、今回の「Go To トラベル キャンペーン」により、いつもより快適な旅が出来そうだ。
ただ、忘れてはならないことがある。
「Go To トラベル キャンペーン」は、コロナ禍で新しい生活様式に基づいた旅行のあり方を定着させるための事業である。
たがが外れたように「これで旅行に行きまくれる。」と浮かれるのではなく、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用・アルコール消毒、公共の場で大声を控える、などコロナ対策を万全に行い、旅行者を受け入れてくれる施設や交通機関で勤務されている方々及び地元の方々に感謝しながら、粛々と旅行しようではないか。
別にそこまで気にしなくてもいいじゃないかと思われるかもしれない。
しかし、既存のウイルスと異なり、コロナウイルスはまだ解明されていない部分が多い。
いずれはインフルエンザのようにありふれた病気になることが予想されているが、コロナウイルスを怖いと思っている人はまだ大勢いる。
そんな中で旅行をするのだから、やはり万全な対策を心掛け、旅行先の都道府県に住んでいる方々の不安をなるべく小さくしたい。
そうしながら、経済の回復に少しでも貢献できればいいかな。

前置きが長くなってしまったが、いよいよ旅のレポートを始める。
朝は4時50分に起きて、5時20分頃に家を出た。
開園時間の10時頃にUSJの最寄り駅に着くように新幹線の時間を決めたところ、朝早くの出発となった。
新幹線の乗車駅である品川駅のNEW DAYSで新幹線の中で食べる朝食を買ったが、その後50分ほどホームのベンチに座って待つことになった。
私は旅行や人との待ち合わせの際には、電車を2本も3本も余裕を持って行動しているために、品川駅に早く着きすぎたのである。
ただ、万が一乗り遅れても後続列車への振り替えはできないツアーきっぷなので、早く到着するに越したことはない。
そして、新幹線に乗って2時間弱、新大阪駅に到着した。
新幹線に乗っている間は何をするでもなく、ボーっとして過ごした。
昔なら暇を持て余していたが、今はあっという間だ。
時間が経つのが早く感じられるようになったのが切ない。
最近、鉄拳という芸人の「振り子」というパラパラ漫画の作品が心に共鳴するようになってきた。
前までは、「振り子」をYouTubeで見ても何も思わなかったが、今はとても心に来るものがある。
時間の流れは、抗いたくても抗えない。

そんなセンチメンタルな気持ちで、新大阪駅からユニバーサルシティ駅に向かった。
新幹線のきっぷが大阪市内までなので、ユニバーサルシティ駅まで使用できる。
乗換に際し、Yahoo!乗換案内が非常に役に立った。
同じホームでも異なる行き先の電車が来ることがあるので、何番ホームのどこ行きの電車に乗ればいいか分かるのは助かる。
地方から東京に来た人も同じような感じかもしれない。
東京都心の電車は入り組んでいて、都内に住んでいる人でも全てを網羅することは困難である。

ユニバーサルシティ駅に着いて、まず行ったのが、PASMOのチャージ。
帰りは混雑していてなかなかチャージできない可能性もある。
ユニバーサルシティ駅を出ると、まずUSJのショップが目に入った。
お土産やカチューシャの類を売っているらしい。
この店で気合を入れてカチューシャや被り物を用意していくもよし、帰りにお土産を調達していくもよし、というところだろうか。
私もキティちゃんのカチューシャをここで購入した。
私の前に並んでいた人が会計の際に地域共通クーポンを使用していたので、私も2,000円分使った。
もちろんカチューシャはショップを出たらすぐに着用した。
ピューロランドのカチューシャよりも、私には着け心地が良かった。
ピューロのカチューシャは着けていると外れるのではないかと気になってしまうが、USJのカチューシャはがっちり頭を挟みこむので外れる心配をすることが無かった。
キティちゃんのカチューシャがたまたまそうだっただけなのかもしれないけど。

入場前に検温を受け、事前にチケットを購入していたので、チケット販売ブースをスルーし、入場口の列に並んだ。
手荷物検査で少し時間を食ってしまった。
歯ブラシやスマホの充電器を入れていたジッパー付き袋など、リュックの中身をほとんど出して、リュックの底が見えるようにして、なおかつ係員に重さの確認をされた後、やっと入場を許された。
入場口の手前にコインロッカーもあるので、園内で使わない持ち物はそこで預けた方がよかったかもしれない。
入場したら、即近くのコインロッカーに荷物を預けに行った。
重さが5kg近くあると思われたリュックが2kg程度になり、快適に一日楽しむことができそうだ。

コインロッカーのスペースを出て、入口近くで記念撮影の自撮りをしようと思ったら、ミニオンズのキャラクターが4体いるのが見えた。
足元にラインが引かれていて、列になっている。
ただ、最前列は一人でなく数人横並びで立てるようになっており、手を振ったりしてアピールしないと、キャラクターはなかなかこっちを向いてくれない感じ。
写真の列に並んでおいて失礼な話だが、ミニオンズにはそこまで興味が無かったので、目線を貰わなくてもいいやと思って、とりあえず写真だけ撮った。

写真を撮った後に後ろに並んでいた家族連れに写真を撮るように頼まれた。
もちろん協力した。

自撮りで記念撮影。

適当に歩いていたら、『PEANUTS』のキャラクターである、チャーリー・ブラウン、スヌーピーとルーシーにも遭遇。
ただ、写真撮影の案内は終わっていたので、遠目に見て楽しんだ。
今こうしてサンリオのキャラクターが好きでいるのも全て『PEANUTS』がきっかけなので是非とも後で会いたい。
近くにいたスタッフにグリーティングのシステムについて少し聞いてみた。
キティちゃんにも会えるのか気になったので。
いつ・どこにどのキャラクターが登場するかは非公開だが、この場所でキティちゃんが来る可能性はあるとのこと。

そのまま適当に歩き続けたら、キティちゃんのアトラクションのあるエリア(以下ユニバーサル・ワンダーランド)に到着した。

ハロウィン仕様だ。

キティちゃんに会えるアトラクションである「ハローキティのリボン・コレクション(以下リボンコレクション)」は11時からなので、まだ開いていない。
一旦、さっきの『PEANUTS』のキャラクターがグリーティングをしていた場所まで戻ってみたら、知らないキャラクターがいた。
『PEANUTS』のキャラクターの時よりも断然並んでいる人が少なかったので、私も並んで撮影してみた。
後から調べたら、ユニバーサルのアニメに登場する「ウッディー・ウッドペッカー」とそのガールフレンドの「ウィニー・ウッドペッカー」というキャラクターらしい。
全く知らなかった…(^^;)

ショップの上のバルコニーにマリリン・モンローがいた。

ユニバーサル・ワンダーランドに戻ろうとしたら、途中でセサミ・ストリートのキャラクターのグリーティングに遭遇した。
この形式のグリーティングにもだいぶ慣れてきた。
焦らなくても、列に並んで待っていれば順番は廻ってくる。

ユニバーサル・ワンダーランドの中で『PEANUTS』のキャラクターのグリーティングに遭遇。
ただ、人だかりがすごくて、ルーシーを撮っただけでその場を離れた。
私の中では『PEANUTS』のキャラクターは二次元のイメージしかないため、立体化されているのを見るのは不思議な感じがする。
でも、三次元のルーシーはかわいいな。
漫画でもいいキャラしてるんだよね。

リボンコレクションの前に来たら、念願のキティちゃんに会うことができた。
ダニエルもいる。
ハロウィン衣装だ。
ばっちり写真に収めた。

グリーティングを撮影した後、35分待ちのリボンコレクションに並んだ。
雑誌の取材を受けているキティちゃんがみんなのためにスタジオを開放してくれている。
キティちゃんのオシャレなコレクションが展示されたコーナーをいくつか通った後、雑誌の取材で写真撮影中のキティちゃんと対面。
受付で申告した名前をキティちゃんが呼んでくれる。
USJのキティちゃんに会うのは初めてだし、キティちゃんと会話するというのも初めてなので、とても緊張した。
カメラマンがキティちゃんと一緒にポーズをとって2パターン撮影してくれる。
そのうち1パターンは、キティちゃんがポーズを指定してくる。
ちなみに、キティちゃんとの会話の間も撮影してくれている。
カメラマンから受け取ったレシートを外のカウンターで渡して、画面に表示される4~5枚の中から2枚選んで購入することができる。
緊張でガチガチの中、撮れた写真がこちら。

ところでだが、USJではスタッフの対応がとても感じ良いことに気が付いてきた。
入場してすぐ、ミニオンズのグリーティングで他の人の写真撮影を手伝った時も笑顔で「ありがとうございます。」と言われたし、グリーティングのシステムについて尋ねた時も、キティちゃんに会えるアトラクションのことなど(既に知っていたが)、尋ねたこと以上のことを教えてくれた。
そして、リボンコレクションでもスタッフの誰もが笑顔で対応してくれた。
来園者が楽しめるように全力を尽くしてくれている感じがすごく伝わってくる。

親切なスタッフが12時からリボンコレクションの外でキティちゃんとダニエルが来ると教えてくれたので、そこで待った。
なんとなく自撮り。

ハロウィンの音楽に合わせて踊りながらキティちゃんとダニエルが登場。
さっきは途中からグリーティングに参加したため気が付かなかったが、最初にダンスのパフォーマンスがあるようだ。
システムがよく分からなかったので、ダンスが終わる前に最前列から抜け出してしまったが、パフォーマンスの間は列は動かなくてもよいらしい。
まあ、満足したのでOK。
写真も撮影。
さっきと違うポーズ。

リボンコレクション二回目。
今度はあまり緊張せずにキティちゃんと話すことができた。
写真はキティちゃんに「大好き」とハートを送っているところを選んだ。
プライバシーのアレでお見せできないが、この時の私は我ながらとてもいい笑顔をしていた。

リボンコレクション三回目。
二回目に購入した写真が素敵すぎて、キティちゃんに見せに行くことにした。
見せに行くという提案も写真を購入した時のスタッフの方がしてくれた。

カメラマンさんの腕が良すぎるために(笑)、毎回写真を買いたくなってしまうと思うので、リボンコレクションはここら辺で一旦終わりにして、別のエリアに行ってみることにした。
気になっていたハリー・ポッターのエリア。
まず、両脇に針葉樹が植えられている道をしばらく歩くと、屋根に雪の積もった建物が立ち並ぶ通りに出る。
通りの店はよく見ると、ハリー・ポッターの物語に登場する店ばかりだ。
どれも作り込まれていて、「これはアレだ!」という発見がたくさん。
そして、通りを数十メートル進み、ホグワーツ城が目に入った瞬間、「おおーっ!」となった。
ホグワーツ城の方に向かって進む列があったので、並んでみた。
ホグワーツ城の中に入れるのかと思ったら、途中で違うことに気が付いた。
「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」というアトラクションの列だった。
まあ、アトラクションは何か乗るつもりだったし、いいかなと思ってそのまま乗ったら、これが間違いだった。
3D酔いしてしまった。
フラフラと吐き気がかなりひどく、手荷物を預けるロッカーの手前でしばらく座り込んでしまった。
外に出ても気持ち悪さが続き、今日はもうアトラクションに乗るのはやめることにした。
アトラクション自体は面白かったが、私の三半規管が弱すぎた。

お腹が空いたので、お昼ご飯。
そういえば、もう14時近い。
「スヌーピーのバックロット。カフェ」でハンバーガーを食べた。
チャーリー・ブラウンのテーブル。

食事を終えて外に出ると、キティちゃんとダニエルのダンスをやっていた。
二回観ることができてよかった。

フラフラ感が継続していたので、もうお土産を買ってホテルに向かうことにした。
その前にリボンコレクションに寄って、キティちゃんにバイバイしよう。
相変わらずスタッフの方々は笑顔で迎えてくれて、もう受付で名前を言わなくても、勝手に設定してくれていた。
声をかけて下さったスタッフの方々に、今日のお礼を言っておいた。
キティちゃんに「今日はもう帰るから最後に会いに来たよ。」と言ったら、ちょっと切ないことを言っていた。
そんなことを言われたら、また来たくなっちゃうじゃん(TT)
数ヶ月後だと思うけど、必ずまた来るよ。

入口近くのショップでお土産を買った。
入場した時に気が付かなかった、ユニバーサルの地球儀。

JRに乗り、今夜泊まるホテルに向かった。
大阪駅から徒歩2,3分で、到着したのは16時頃。
大阪に住んでいる人や、よく大阪に旅行する人には有名なホテルかもしれない。

フロントでは4名ほどのスタッフがそれぞれ客に対応しており、さらに列ができている。
今まで泊まったことのあるホテルは、フロントでは多くとも二組の客しか同時に対応できないところがほとんどだったが、今回のホテルは高層ビル型で客室も多いであろうと考えると、このフロントの大きさにも納得だ。

旅行代理店のホームページではシングルルームで申し込んだはずなのに、用意された客室はツインルームだった。
キャパシティに余裕があったからなのか、何か別の都合であてがわれたのかは分からないが、ラッキーだ。
広々としていて、快適に過ごすことができた。

窓からの景色。

夕食はホテルのビルの1Fにあるコンビニで弁当を買い、ホテルの部屋で食べた。
ビル内にレストランが複数あり、周辺にも食べるところはたくさんあったが、部屋でゆっくりしたかったので。
夕食後は22時くらいまでテレビをぼんやりと観て過ごし、部屋についているお風呂で30分ほど半身浴をした後、ふかふかしたベッドで眠りについた。

今日はUSJでかけがえのない時間を過ごすことができて本当によかった。
ハリー・ポッターのアトラクションに乗ってしまったことだけは誤算だったが(笑)
明日の淡路島も楽しみだ。

コメント