2020年9月2日~長沼公園

ちょっとした遠出

今日はキノコを見るために八王子市にある長沼公園を訪れた。
私の中では毎年の恒例行事となっている。
今年の夏はまあまあ暑かったので、シーズンはもうちょっと先だと思われるが、ウォーキングも兼ねて下見。
最近、お腹周りが少したるんできたので、運動しなければ。

公園近くの田んぼでシオカラトンボが飛んでいた。

公園の入口手前。
気温は高くないが、非常に蒸し暑い。
公園の中には自販機が無いので、駅でペットボトル飲料を購入しておいてある。

とりあえず記念写真。

シーズンだと入口周辺から既にキノコが見つかるが、さすがに見つからなかった。
あちこち見ながら歩いていたらクモの巣にひっかかってしまい、しばらく糸が腕にひっかかったまま園路を歩き続けることになった。
振りほどこうとしても、なかなか取れない。
途中から糸がひっかかっているのか、蚊がたかっているのか分からなくなるほど、蚊も多くなってきた。
腕や顔をぺちぺち叩きながらキノコを探した。

そして、ついにキノコを見つけた。
朽ち木や弱った木に生えるタイプのキノコのようだ。

オーソドックスなキノコもあった。

その後もキノコはよく探すと見つかるが、まだそういうレベル。
シーズンには早く、オーソドックスな形のキノコはあまり見つからなかった。
でも、目を凝らして見つけた小さなキノコを観察するのも面白い。

園路の階段に使われている丸太に生えているキノコもかわいくて癒される。

路肩が崩落しているところもあった。
ちなみに、前もこのブログで書いたかもしれないが、この公園は道によっては登山気分を味わうことができるのが良いところである。
ただし、登山靴とまではいかないが運動靴は必須。
運動靴でも靴底が平らなタイプだと滑って、最悪の場合、尾根道で崖から転落などもあり得る。
私は以前、街で履くような靴底が平らの靴を履いていって、水分を多く含んだ土の斜面で滑りそうになったことがあるので、それ以来この公園を訪れる時には靴もちゃんと選ぶようにしている。
公園の中央を通る霧降の道を登って降りてくるだけだったら、舗装されているのでそんなに気を遣わなくてもよいが。

頂上園地に到着。
ミニメルちゃんでぬい撮り。
この前の土曜日から始めた、ミニメルちゃんのおでかけシリーズ。

下に敷いているのはスーパーのレジ袋。
いい加減、ぬい撮り用の小さいレジャーシートを作ろうと思う。

展望園地でもメルちゃんのぬい撮り。
ここは展望台になっていて、眺めが良い。

景色を眺めるミニメルちゃんたち。
ちなみに、私の中でのイントネーションは、
「ミ→ニ↑メ→ル↓ちゃ↓ん→」ではなく、
「ミ→ニ↑メ→ル→ちゃ→ん→」
これは私だけかもしれないが、なんとなく。

再び頂上園地に戻って、野猿の尾根道を経由して、殿ヶ谷の道から帰ることにした。
野猿の尾根道の途中で、かわいいキノコを見つけた。
この辺はあまりキノコが生えていないと思っていたが、探すと意外と見つかる。
次回からはこの辺もゆっくり散策することにしよう。

斜面の草地をゆっくり降りて行こうと思ったが、蒸し暑さにより喉の渇きを感じたので、階段からさっさと降りてしまった。
持ってきた飲み物は、既に飲み切ってしまっていたので。

駅で飲み物を買って少し休んだ後、電車で帰った。

コメント