2019年5月1日

今日の日記

今日は午前中はまったり。
午後から、六本木にある国立新美術館の「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」という企画展に行ってきた。
美術館は普段ほとんど行かないんだけど、マイメロディのオリジナルマスコット引換券付きの入場券があったので…(^^;)

ウィーンを中心とするオーストリアの芸術が、時代背景と共に、どのように変遷していったのか、絵画だけでなく、工芸品や日用品も織り交ぜながら、詳しく解説している。
若い女性でずいぶん賑わっているなと思ったら、入り口で俳優の城田優さんの声の音声ガイドの機械を貸し出していた。
なるほど。
城田優さんはミュージカルの出演などで、ウィーンの芸術には造詣が深いらしい。
私は音声ガイドの機械は借りずに観て回った。
芸術といえば、難解であったり、お高くとまっているものというイメージがつきものだが、ウィーンの芸術作品はいつの時代も庶民の心情を投影して造られてたものが多いと、解説にあった。
展示されている食器や椅子などの日用品も、機能的で美しい物が多かった。

出口のショップでマイメロディのマスコットを引き換えるついでに、ポストカードも購入した。
下の写真の一番右のポストカードは、昔のウィーンの美術館で開かれた展覧会の告知ポスターに多用された特徴的なデザインで描かれている。
このようなデザインのポスターも多数展示されていて、興味深かった。
なぜこのようなデザインが使われたのだろうか。
面白かったので、気になった人はぜひ行ってみてほしい。
最寄りは東京メトロ千代田線の乃木坂駅。

その後、池袋の西武百貨店で開催されている、ハローキティの45周年を記念した「ハローキティコレクション展」に行った。
国立新美術館のある乃木坂駅から池袋駅までは意外と近い。
千代田線で明治神宮前まで行って、副都心線に乗り換えてFライナーという急行で2駅目。

写真を撮ったが、あまりここに載せすぎてしまうとネタバレになってしまうので、数枚紹介しておく。
入ってすぐのところ。
メガネをかけたキティちゃん。

キティちゃんの好きなものコレクション。
好きなものがたくさんあるから、その分幸せもたくさんなんだろうなと思う。

現在のキティちゃんのデザイナーの方が、キティちゃん担当に選ばれたきっかけとなったイラストを3D化した展示。

キティちゃんがぎっしり。

昔のキティちゃんが好きだった人も、今のキティちゃんが好きな人も楽しめる展示だった。

コメント